スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

小名浜の今

新たな一歩プロジェクト研修生の吉田です。





いわきチョコレート本店があります小名浜の紹介


こちらでは、いわきチョコレート本店がございます小名浜について今の様子を少し取り上げてみたいと思います。

いわきチョコレートさんは小名浜の中心↓




こちらで製造販売しております。

地図を見ての通り街の中心でもあり、ら・ら・ミュウやアクアマリンがある海にも近いところにあります。

ら・ら・ミュウのお土産売り場にはいわきチョコレートさんの代表作品!
「めひかり塩チョコレート」が販売されております。
ぜひ、お試しください。







あれから1年5ヶ月

小名浜1

あんなにも恐ろしい津波が来るとは思えない小名浜の海・・・

あれから1年5ヶ月が過ぎ、小名浜は海も街も復興の兆しが見えています。
その反面、まだまだ風評被害にはかなわず思い悩む職業、小名浜といえば特に漁業関係の皆様は何とも言えぬ思いで過ごされているかと思います。

早く元の小名浜の活気を取り戻したいものですね。
そんな日が早く訪れることを願います。






復興の兆しが見える小名浜

小名浜2

ら・ら・ミュウさんの周りです(^^/

港や市場の周りはまだまだ、復旧作業が行われています。
復興に向け漁業関係の皆様、道路や建物などの工事に携わる皆様、本当にお疲れ様です。



小名浜3



小名浜4

今では、がれきもなくなり港としての役割ができています。

いわきの象徴の1つでもありますマリンタワーが誇らしげに見えます。






小名浜5
三崎公園より魚市場方面





小名浜6
三崎公園より中の作方面





小名浜7
アクアマリンふくしま





今、小名浜はいわきで観光の町、物流の市場として栄えています。
きれいな海に囲まれ、活気ある街です。

今、いわきは頑張ってます。

こんないわきを大勢の方に見ていただきたいと思います。

ぜひ、遊びに来てくださいね~(^^@


それから、お土産は・・・
もちろん!!
かわいいパテシエさんが作る
めひかり塩チョコおすすめで~ぇ~ぇ~す//

20120801_13.jpg



(吉田)

スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

めひかり塩チョコ、とろとろキャラメル

こんにちは、新たな一歩プロジェクト研修生の渡邉です。
現在、インターンシップの一環として、いわきチョコレートさんのブログを更新させていただいております。


今回は、めひかり塩チョコに使われている、とろとろのキャラメルができるまでをみなさまにお伝えしたいと思います。





キャラメル1

こちらは砂糖に生クリームをくわえているところ。
さらにバターや塩、お菓子をしっとりさせる転化糖などを加えてゆきます。





キャラメル2

キャラメルの状態や温度をみながらホイッパーで混ぜ合わせます。
香ばしいキャラメルの香りがしてきて、どんどんキャラメルが濃くなってゆきます。


空調が効いていても火のそばで大量のキャラメルを焦げないようにかきまぜ続けるのはとても大変です。

応援しかできませんが、パティシエールさん頑張って!





キャラメル3

次はめひかりの型にキャラメルを流し込む作業です。
やっと火から離れられたと思ったら、今度はキャラメルが固まらないうちに急いで作業を終えなければなりません!

手早くキャラメルを型に流し込んでゆきます。





キャラメル4

今度はヘラで余計なキャラメルを取り除く作業です。




キャラメル5

こんなにきれいに型に収まります。




キャラメル6

スピードが必要なこの作業にはパティシエールのお二人の協力が必要。
なんとこのパティシエールのお二人、最初に勤めたお店で出会ってから今年で13年目のお付き合いなのだそうです!互いのことを何でも知っている仲良しのお二人だからこそ作業の息はピッタリ!


これを固めればめひかり塩チョコのキャラメルの完成です。


チョコレートの人気が高まる冬場には、この作業を何度も何度もくりかえさなければなりません。


「大変ですね~」なんて言っていたら、パティシエールのお二人がこんなものを見せてくれました。




キャラメル7

こちらです。なんだかわかりますか?

これは銅でできためひかりの型なのです。
めひかり塩チョコができたころには、めひかり型のキャラメルをつくるためにこの銅の抜型を使っていたのです。

固まったキャラメルの板から、ひとつひとつ型を抜いていくなんて!!





キャラメル8

ちなみにこちらが現在の型。
伸縮性があるので、キャラメルを型から外すときには型がびよんと伸びて楽に作業できます。



めひかり塩チョコの歴史を垣間見せていただきました。
ひとつひとつはあんなに小さなチョコレートですが、今のめひかり塩チョコができるまでにはいろんなエピソードが詰まっているんですね!


さて、次回はいわき市小名浜周辺の風景をご紹介いたします。
めひかり塩チョコは、どんな場所でつくられているのかを写真とともにお伝えいたします。

また次回もお楽しみに!

(渡邉)

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

めひかり塩チョコができるまで!

こんにちは、新たな一歩プロジェクト研修生の渡邉です。
現在、インターンシップの一環として、いわきチョコレートさんのブログを更新させていただいております。

今日は、前回予告した通り、いわきチョコレートさんの目玉商品!「めひかり塩チョコ」ができるまでをお伝えしていきたいと思います。





めひかりチョコできるまで1

まずはチョコレートのテンパリング作業、つまりチョコレートを溶かす作業です。
といってもただチョコレートを溶かすだけではありません。





めひかりチョコ2

チョコレートは温度管理が命!
手作業でチョコレートの状態を見極めます。

ダマが残らないよう、なめらかな口当たりになるよう、慎重にチョコレートを取り扱っていらっしゃいました。
また、チョコレートにおいしそうなツヤがでるかどうかもこの作業にかかっているのです。





めひかりチョコ3

チョコレートを何かの機械に流し込んでいます。

チョコレートを溶かして機械に流し込む、この作業を何回も繰り返します。
チョコレートがたっぷり入ったボウルはとても重い!

パティシエールのお仕事は華やかそうに見えてとても重労働なんですね。





めひかりチョコ4

機械が動き始めると、チョコレートのカーテンができました!

なんの機械だかみなさんもうわかりましたか?

このチョコレートのカーテンをめひかり型のキャラメルがくぐっていくと・・・





めひかりチョコ5

めひかりチョコ6

めひかりチョコ7

じゃん!でてきました!つやつやに輝くめひかりちゃんたちの群れです!

実はこのチョコレートのカーテンをくぐらす作業は2回行っています。
上の写真は2回目が終わったところ。

めひかり塩チョコになる最後の仕上げに、
きらきらのお塩のつぶが背中に乗せられてゆきます。
ひとつぶひとつぶ、繊細な手作業が続きます。





めひかりチョコ8

みなさんの息の合った連係プレーで、
新しいめひかり塩チョコがどんどん誕生していきます。
きちんと整列して流れてくる様子がとってもかわいい!





めひかりチョコ9

めひかり塩チョコ、チョコレートの海を泳いだ、同じ群れの仲間たち。





めひかりチョコ10

めひかり塩チョコの箱も手作業で組み立てられてゆきます。


めひかり塩チョコはこうして出来上がっていくのですねー。

個人的には、チョコレートのカーテンをくぐり抜けてでてきたつやつやのめひかりの姿にとっても感動しました。


気温の高い夏場はあまりチョコレートの季節といえないかもしれませんが、
めひかり塩チョコは、お塩があまみを引き立てるため、チョコレート自体の甘さ控えめの上品なお味です。
夏場でもおいしく召し上がれると思いますので、一度お試しください。


それにもうすぐお盆休み!
いわきに遊びに来た際には、お土産に是非、いわきチョコレート生まれの可愛いめひかりちゃんを連れて帰ってください!


次回はめひかり塩チョコの中に入っているキャラメルについてお伝えいたします!
このキャラメルもいわきチョコレートさんでつくられているんですよ!


お盆中もブログは更新しますので、お楽しみにお待ちください。


(渡邉)


テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

はじめまして。

こんにちは。

この度、新たな一歩プロジェクトの研修として、いわきチョコレートさんのところでお世話になります、吉田、渡邉です。
小学生のお子さんの夏休みが終わるころまで、このブログを更新させていただくことになりました。よろしくお願いいたします。
めひかり塩チョコができるまでの工程や、スタッフさんの紹介、また小名浜の復興の様子などお伝えしますのでお楽しみに!


さっそくですが、8月1日、いわきチョコレートさんを訪問してまいりました!

いわきチョコレート_外装

この青い屋根のかわいらしい建物がいわきチョコレートさん(本社)です。
いわきのお土産、めひかり塩チョコはこちらで製造されています。



柳沼社長

こちらが社長の柳沼大介さん。
この日は社長自らチョコレートをつくる機械や手順などを説明していただきました。
社内はチョコレートのあまーい香りがしておなかがすいてきます。
チョコレートの製造工程は後日くわしくお伝えする予定です。



パルフェ

もちろん、いわきチョコレートさんではめひかり塩チョコが有名ですが、
今日はこちらもおすすめしようとおもいます。

アイスのようでアイスじゃない、冷たいデザート「パルフェ」です。
なんと一口試食させていただきました!
口に入れるとアイスのように冷たくて、でもアイスよりもふわふわした食感が特徴の不思議なデザートでした。甘さがふわーっと広がっていきます。クリームのような滑らかさもあって、贅沢な気分にさせてくれます。
種類もたくさんあるのでいろんな味がたのしめます!
ぜひお試しください。



お誕生日ケーキ

こちらのケーキもご紹介いたします。
予約制ですが、なんとケーキに好きなイラストを描いていただけるそうです!
このイラストは、色のついたクリームの小さな点で描いて、すごく丁寧な仕上がりになっています。
お子さんが描いた絵もそのままケーキに再現できるそうです。
お誕生日やお祝いにもぴったりです!


今日はめひかり塩チョコ以外のいわきチョコレートさんについてお伝えいたしました。
今後もいわきチョコレートさんの魅力をどんどん載せていきたいと思います!
よろしくお願いいたします。


(吉田・渡邉)

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

もうすぐ父の日 

もうすぐ父の日です。
母の日とくらべるとどうも地味なイメージだし、とりあえずビールで
いいんじゃない。ってな感じで、すんでしまうのはもったいない。

さて、阪神梅田百貨店ののんで
たべて、さわぐ、
「阪神おやじJAPAN」
これはっ、という美味しそうな商品がずらりならんでいます。
今年は東北おやじの元気な笑顔がやってくる、ということで
我がいわきチョコレートの「めひかり塩チョコ」も売り場に並んでいます。(地下食品)
バレンタインの時には、品切れを起こしてしまい、大変ご迷惑をおかけいたしました。

めひかり塩チョコがなぜ、父の日かというと、「酒に合う」
もう、これにつきます。
もともと男性のファンが多いチョコレートなのですが、炭酸系、つまりビールでは
口の中の炭酸とチョコがいまいち合わないのですが、ブランデー、ウィスキー、
焼酎もあまり薄めない物、日本酒は甘口、辛口どちらも違う美味しさ。
まあ、甘いのと、しょっぱいのが一緒なので、とても奥深い味わいになるのです。
めひかり塩チョコ1個は52キロカロリーですので、そんなに高カロリーでもないのです。
ちびちびとなかなか贅沢な肴?になります。
ぜひ、お試しください。

詳しくは、阪神梅田百貨店のホームページの父の日フェアでご覧ください
img_main.jpg

下記がリンクになっております。
阪神梅田本店ホームページリンク

2012/06/09 16:20 |未分類COMMENT(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。