スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

めひかり塩チョコができるまで!

こんにちは、新たな一歩プロジェクト研修生の渡邉です。
現在、インターンシップの一環として、いわきチョコレートさんのブログを更新させていただいております。

今日は、前回予告した通り、いわきチョコレートさんの目玉商品!「めひかり塩チョコ」ができるまでをお伝えしていきたいと思います。





めひかりチョコできるまで1

まずはチョコレートのテンパリング作業、つまりチョコレートを溶かす作業です。
といってもただチョコレートを溶かすだけではありません。





めひかりチョコ2

チョコレートは温度管理が命!
手作業でチョコレートの状態を見極めます。

ダマが残らないよう、なめらかな口当たりになるよう、慎重にチョコレートを取り扱っていらっしゃいました。
また、チョコレートにおいしそうなツヤがでるかどうかもこの作業にかかっているのです。





めひかりチョコ3

チョコレートを何かの機械に流し込んでいます。

チョコレートを溶かして機械に流し込む、この作業を何回も繰り返します。
チョコレートがたっぷり入ったボウルはとても重い!

パティシエールのお仕事は華やかそうに見えてとても重労働なんですね。





めひかりチョコ4

機械が動き始めると、チョコレートのカーテンができました!

なんの機械だかみなさんもうわかりましたか?

このチョコレートのカーテンをめひかり型のキャラメルがくぐっていくと・・・





めひかりチョコ5

めひかりチョコ6

めひかりチョコ7

じゃん!でてきました!つやつやに輝くめひかりちゃんたちの群れです!

実はこのチョコレートのカーテンをくぐらす作業は2回行っています。
上の写真は2回目が終わったところ。

めひかり塩チョコになる最後の仕上げに、
きらきらのお塩のつぶが背中に乗せられてゆきます。
ひとつぶひとつぶ、繊細な手作業が続きます。





めひかりチョコ8

みなさんの息の合った連係プレーで、
新しいめひかり塩チョコがどんどん誕生していきます。
きちんと整列して流れてくる様子がとってもかわいい!





めひかりチョコ9

めひかり塩チョコ、チョコレートの海を泳いだ、同じ群れの仲間たち。





めひかりチョコ10

めひかり塩チョコの箱も手作業で組み立てられてゆきます。


めひかり塩チョコはこうして出来上がっていくのですねー。

個人的には、チョコレートのカーテンをくぐり抜けてでてきたつやつやのめひかりの姿にとっても感動しました。


気温の高い夏場はあまりチョコレートの季節といえないかもしれませんが、
めひかり塩チョコは、お塩があまみを引き立てるため、チョコレート自体の甘さ控えめの上品なお味です。
夏場でもおいしく召し上がれると思いますので、一度お試しください。


それにもうすぐお盆休み!
いわきに遊びに来た際には、お土産に是非、いわきチョコレート生まれの可愛いめひかりちゃんを連れて帰ってください!


次回はめひかり塩チョコの中に入っているキャラメルについてお伝えいたします!
このキャラメルもいわきチョコレートさんでつくられているんですよ!


お盆中もブログは更新しますので、お楽しみにお待ちください。


(渡邉)


スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。